スポンサードリンク

マクロビオティック 玄米ダイエットその11 マクロビオティック情報館

前回に引き続き「確実に早くやせたい」という人は、しばらくのあいだとらない方が効果的なもの・・・。

コーヒーは赤道直下の暑い国でとれる、体を冷やす陰性のものです。
暑い国は陽性なので、そこには砂糖や、果物など暑さをしのぐ陰性の食べ物が多くできるのです。

洋食では、料理のコースは、最後にコーヒーと甘いデザートで締めくくります。
料理のメイン素材である肉や魚は陽性なので、陰性のコーヒーや甘いものが欲しくなるのです。
それで陰陽のバランスがとれるように思いますが、極端な陽性と陰性なので、体は行ったり来たりを繰り返し、毎日フルコースでは最後には疲れて臓器に負担をかけてしまいます。
コーヒーや白砂糖たっぷりのケーキや果物、アルコールも、陰性なのでとりすぎると体を冷やし、腸の働きを鈍くします。
これらをいつもとっていると、ごはんを抜いたとしても健康的にやせられません。

甘いものはごはんの代わりには決してならないことをお忘れなく。
甘いものを食べた翌日は玄米を増やし、太るもとを早く出しましょう。

玄米ダイエットを心がけるなら飲み物は、三年番茶玄米コーヒーにしましょう。
三年番茶は、体を温め、鎮静効果もあります。
玄米コーヒー玄米を焙煎して粉末にした陽性の飲み物。
体を強く引き締める力があり、体の余分な糖質や脂肪を排出する力も持っています。

参考文献 玄米がおいしい。―心地いい暮らしがしたい

三年番茶

ブラックジンガー 玄米の精 徳用
ブラックジンガー 玄米の精 徳用


人気blogランキングに参加しています。
応援してくれるとうれしいです。

マクロビオティック情報館

2006.05.04.01:43 | Permalink | 玄米ダイエット