スポンサードリンク

マクロビオティック 玄米ダイエットその15 マクロビオティック情報館

玄米の友 たくあん

世界中で漬け物は何十種類もありますが、日本ほどたくさんの種類の漬け物を発展させてきた国はありません。
もともと野菜を保存するために作られましたが、塩漬けして発酵させることによって野菜の栄養やエネルギーが高くなり、消化吸収もよくなり、塩分を無理なく体中の細胞や血液に浸透させる食べ物に変身させているのです。

そんな漬け物のなかでも米ぬかを使って発酵させたたくあんは玄米との相性が抜群。
玄米の栄養やエネルギーを無理なく消化吸収させ、体中に行き渡らせる。
そして玄米の酵素を引き出して体がどんどん強くなるゴールデンコンビなのです。

参考文献 玄米がおいしい。―心地いい暮らしがしたい

一本漬けたくあん
一本漬けたくあん


人気blogランキングに参加しています。
応援してくれるとうれしいです。

マクロビオティック情報館

2006.05.04.01:53 | Permalink | 玄米ダイエット