スポンサードリンク

マクロビオティックをやさしくはじめる |久司 道夫@マクロビオティック情報館

マクロビオティックをやさしくはじめるマクロビオティックをやさしくはじめる
久司 道夫
成甲書房 刊
発売日 2004-12




マクロビがわかる 2005-06-02
マクロビオテックの深ーい部分をやさしく解説してある一冊。
著者のマクロビオテック創設秘話は読み物的にもおもしろく、心を動かされます。
部分的に医療的で難しいところもあるのですが、最後まで一気に読めました。
レシピはなく、食生活がいかに心を穏やかにするか、体を健康にするかという面が掘り下げて書かれてあります。
肉食大国アメリカにおいて、食生活と成人病の因果関係を初めて公にしたのが著者であるそうです。
これがどんなに凄いことか、昨今の自然食ブームを見ると実感します。
「人は食べているものにだんだん似てくる」のくだりも、ジャンキーなものばかり食べて荒れゆく若者を見ると、なるほどなーと思います。
私もここ数年、少しづつですが玄米菜食を実践しています。確かに焦ったり怒ったりすることが少なくなってきたような…。まあそれは断言できませんが、日本の伝統料理って世界に誇れるものなんだと思うと、以前よりはるかに料理が楽しくなりました。
マクロビに興味がない人にもおもしろい本だと思います。

amazonのレビューより



さらに詳しい情報はコチラ≫


人気blogランキングに参加しています。
応援してくれるとうれしいです。

マクロビオティック情報館

2006.05.20.13:42 | Permalink | マクロビオティックの本